All posts filed under “花工房あげたけ

教えないフラワーアレンジメント教室

教えないフラワーアレンジメント教室

三代目啓一です。

世の中が動き始めているせいか多忙です。
師走前に師走みたいだあああ。。

さて、11月6日に図書館で
「教えないフラワーアレンジメント教室」
をします。

参加してほしいのは、
「お花をうまくつくりたい!」方ではなく、
「私の人生100年時代を面白くするぞ!」みたいな方なんです。

そのワケを説明しますね。

このイベントでは、たくさんの花のなかから
好きな花だったり、自分のピンっときた花を7本選び、
アレンジメントをつくってもらいます。

この手のイベントをすると
「わたしセンスがないからなあ・・・」
とかけっこう言われるんです。

そう思われている方、
胸に手をあててみてください。

人の目を気にしすぎて、
「うまく、完璧につくること」に
とらわれすぎてはいませんか。

プロのフラワーデザイナーになるぞーという方や、
誰かに購入してもらうための商品をつくっている方は
それでいいのかもしれないのですが、

そうでない方は、まわりの目なんか気にせず
花との時間を楽しんでしまえばいいと思うのです。

といっても、「たのしかったー!」という気持ちに
なっただけでおわってしまってはもったいない、
というか意味がない。

そこでこの教室ではアレンジメントをとおして、
自分のなかにある「こだわり」や「個性・特性」を
みつける工夫をしています。

なぜかというと、
それらを自分の中にみつけることやその見つけ方を
しることが、あなたにとって価値があると信じているからです。

この教室を企画した僕にとって、
アレンジメント教室はあくまで手段、
本質は自分の中に将来花咲く種をみつけにいくことなんです。

なので、
お花を美しくアレンジメントする方法は
教えない教室なんです。

・・・と、たいへんわかりにくい教室なのですが

手を動かし、頭をつかい、
美しい花や、珍しい花に触れられる時間を
デザインしておりますので
ご興味あればぜひ足を運んでみてください。

※北栄町図書館で検索してご予約くださーい。

オータムリースワークショップ

オータムリースワークショップ

お待たせいたしました。

実りの季節「秋」を感じられる
リースづくりのワークショップを行います。

たくさんの実ものと、
個性的な花材をつかって、
オリジナルリースづくりを楽しんでいただける
お得なワークショップです。

完成したリースを部屋にかざって、
秋の味覚を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「オータムリースワークショップ」
2021.10.16 sat
13:30-15:00
定員:8名様まで(要事前予約)
参加費:5,000円
※花材は入荷状況によって変更になる可能性がございます。

ご予約はDMもしくはお電話(0858-37-2010)、
下記よりお申し込みください。

スワッグ

オーダーメイドフラワーの注文方法いろいろ

ギフトのご注文は基本オーダーメイドで
うけたまわっている花工房あげたけです。

お花の注文方法はひとそれぞれでおもしろいんです。

「5,000円くらいで華やかに」という、
ご予算ベースのオーダーもあれば、

「バラが好きな人なので、3色のバラをつかってあとはおまかせで」
というかんじで花の種類や色など教えてくださるオーダーもあるし、

「彼女とけんかしてしまって、、助けてください」というオーダーもあるし、

「宇宙をイメージして」「魔女をテーマに」といった
テーマ設定型でご依頼いただくケースもあるんですよ。

今回のオーダーはシーン設定を教えていただいた上で、
連想するキーワードパターン。

教育機関で若くして昇進された素晴らしい女性の方への昇進お祝いスワッグ。
ピアノ・かわいい・チョコ・オレンジ・ふわふわ・やさしい・ママと仕事両立
などなど、

ほかにもたくさんのキーワードを教えてもらいました。

その方の人物像をイメージしながら、
芯がある方だからそこは表現にいれておきたいな、とか
やさしい雰囲気をいれたいけどかわいすぎると遠ざかるな、とか
自己問答を重ねながらスワッグを制作。

ご予算を聞くだけではこのスワッグは作れなくて、
贈り主さんからいただいたヒントで束ねた
世界にひとつだけのスワッグになります。

お客さまといっしょに花をアレンジメントしたいので
ぜひぜひいろいろなオーダーをお待ちしております。

シルエットスワッグ
スワッグ

バラのアレンジメント

赤いアレンジメント。赤といったら、

赤いアレンジメント。

赤といったら、

いちご、

いちごといったら、

ショートケーキ、

ショートケーキといったら、

今日9月22日。

今日はいちごショートの日だそうです。

なぜだかご存知ですか?

カレンダーで22日の上に、

いちご(15日)がのっているからと。

By あげたけ経理スタッフ

いちごショートを食べるいい言い訳を

もらいました。

来月食べます。

ドライフラワーアレンジメント

“かわいい”ドライフラワーアレンジメント

「80歳のおばあちゃんへのドライフラワーアレンジメント、
かわいくお願いします!」というご注文。

ご注文の際の「言葉」からまだ見ぬおばあちゃんを
イメージしてつくります。

たとえそれが少ない言葉であっても
数ある言葉のなかで選ばれた言葉であれば
それはその人となりをあらわす言葉とおもってます。

うちのおばあちゃんを一言であらわすなら
こんなおばあちゃん!
それが今回は「かわいい」なのだと考えました。

笑顔がすてきな
かわいらしいおばあちゃんを
イメージしながら

やわらかい色、
華やかな色をつかって、
そしてたくさんの種類のお花をつかってデザインしました。

素敵な誕生日でありますように。

ずっと長く楽しめるフラワーリース

ずっと長く楽しめるフラワーリースをサプライズギフト

元気な男性2名が来客。

友達の結婚式は家族のみで行われるため
会場にはいけないけど、花を贈りたいというご相談。

記念品ということで、今回は壁掛けでずっとながくたのしめる、
パンパスとドライフラワー、プリザーブドフラワーを
つかったリースを作らせていただきました。

リースはラッピングしてこっそり会場控え室に置かれ、
サプライズ的に渡される模様。

友達へのギフトを考えるとき、友達だけでなく奥さまのことも気遣いはじめる瞬間ですね。

お互いに成長を確かめ合えるような時間を共有しあえているというのは素敵なこと。

末長くお幸せに、そしてこれからも友達としてよろしくね、
のフラワーギフトです。

▼ご紹介したのはこちらの商品
祝【周年・開店】メッセージリース

フラワーギフト

お花をもらい慣れてる方へのフラワーギフト。 大切なのは、高いお花よりも大切な○○○。

食通の方がいるように、花通といいますが、
お花を買うこと、もらわれることが多かったり、
お花をご自身でいけられる方がいます。

そんな方に
「お花を贈りたいけど難しすぎる、、どうしたらいいのー?」
という方へ。

ポイントをご紹介します。
それはずばり「旬を取り入れる」こと。

ちょうど今頃たべる梨がおいしいように、花にも旬があります。
旬のものをいただくということはぜいたくな「心のよろこび」。

お花が大好きな人は、このあたりの感覚が
すばらしい方が多いと私たちは経験上考えています。

花通には、必ずしもウニ・トロ・イクラが正解ではなく、
今一番おいしい魚(今もっとも美しい花)を届ける
気持ちをたいせつにいうことですね。

旬をいれることが決まったら
あとは花屋さんに旬の編集を依頼するだけ。

本日はまさに花通の方へのブーケのオーダーがありました。

旬な秋の花、色を意識的にいれて、かわいいというよりも
シックな雰囲気でというリクエストにおこたえ。

お花が好きな方ということでもらわれた瞬間よりも長く楽しめることを
想定したデザインにしました。

旬をだきかかえられるブーケ。

喜んでいただけたらうれしいです。

▼ご紹介アイテムはこちら
気持ちと季節の花束 – Large –
気持ちと季節の花束