All posts filed under “リース・スワッグ

フラワーリース

「えらぶ」をたのしくするイベント

三代目啓一です。

「えらぶ」と「きめる」で
できてる私たちの人生。

パンにしようか、ごはんにしようか。
スニーカでいくか、ブーツでいくか。
という日常のなにげないえらぶもあれば、

進学、就職、結婚、転職、移住といった
おおきな転機になるようなえらぶもあります。

おおきな転機の「えらぶ」と「きめる」には、
それまでの日々の「えらぶ」と「きめる」によって
つちかわれた直感やセンスが影響している。

そんな気がしませんか。

6日土曜日10時より、北栄町図書館でおこなわれる、
図書館まつりの『あの人の本棚がみたい』という
イベントのMCを担当します。

おもしろい本の紹介よりも、
おもしろい本の「えらび方」がみつかる
イベントなのでいろんなことに応用がききますよ!

当日みつけた「自分のえらび方」で
選んだ本が、あなたの次の未来をつくるかも。

ご都合つく方はぜひ北栄町図書館に
ご来館ください。(ご予約不要)

ちなみにこのイベントのあとには、
「教えないフラワーアレンジメント教室」を
うちの福井が担当します。(こっちは要予約)

たくさんの花や植物のなかから、えらびだし、
アレンジメントという作品をつくることと、

たくさんの本や情報のなかから、えらびだし、
自分の人生というストーリーをつくること。

「選ぶ」を花屋なりに僕なりに解釈し、
2つのイベントに料理していますので、
ぜひめしあがってください。

※フラワーアレンジメント教室は
すでに予約終了なのですが、
枠を特別にご案内できますので
気になる方はDMください。

グリーン香るフラワーリース

グリーン香るフラワーリース

「カブトムシのえさは?」の質問に、
「ゼリー!」と明るくこどもが答えている
番組をみてからずーっとモヤモヤしてます。

さて、モミの木です。
毎年室内に飾るタイプは便利な人工モノで良いと
思いますが、一度ホンモノに触れる体験も
してほしいなあと思ってます。
インスタにも公開しましたが、
生のモミの木の予約を金曜日まで
受け付けています。
サイズ感もバリュエーションがありますし、
何よりカールした葉の愛らしさや生気を
ぜひ味わっていただけるとうれしいです。
クリスマス周辺の花材が
入荷しはじめました。
先日は開店祝いのリースを制作。
冷たい空気のなかにまじる、
グリーンの香りがたまらない季節に
なってきました。
クリスマスリースも、
本日からご予約受付しますので、
ご希望の方は、雰囲気やお色味を
おしらせくださいね
パンパスグラスのリース

パンパスグラスのリース

ここ数年根強い人気のパンパスグラス。

仕入れの工夫はもちろん、
美しくしあがるよう研究を重ねて
がんばってます。

開店祝いに名古屋へ旅立った、
ナチュラルパンパスグラスのリース。

チルな時間を過ごせそうな
ぬくもりをかんじるようなデザインが
これからの季節うれしいですよね。

花屋にも常設したい逸品です。

秋色スワッグ

秋色スワッグ

秋っぽい色に目線をうばわれている
自分を自覚するとき、

季節が四つあってよかった、
そんな国にいれてよかったと思います。

寒いのが苦手だから
万年あったかくていいやと思ったときも
あったけど、

四季があるのは豊かだと、
昔大人たちがいっていたことを
ようやくわかりかけてるかんじです。

食も、ファッションも、
遊びも、そして花も楽しみ4倍ですもんね。

日本人に自覚がないけど、
日本が世界からクリエイティブといわれる理由に、

四季があることが、
深く関係していると思うんですよねー。

さて、
秋色スワッグは、実ものがアクセントに
なっていいかんじです。

この写真の状態から、色落ちしていく過程が
また楽しいですよ。

あなたのくらしに季節のデザインを。

周年祝いのスワッグ

周年祝いのスワッグ

ウォールフラワーの定期便サービスやってます。
毎月でも季節ごとでもご対応可能ですので
ご興味ある方はぜひお気軽にご相談を。

この秋5周年を迎える
デジタルマーケティング会社への
ウォールフラワーの定期便。
秋の花はこちら〜。

今回いただいたお題は、
気持ちを新たにする
「スタート」という言葉。

5年間、挑み、積み重ねてきた、
固い結束と、熱いスピリットは
美しくかたいの桜の枝の重なりで表現。

その結束の上には、
常に初心の気持ちで向かい続けている
カッコイイ姿勢を、

色を変えながらも、その形をのこす
ドライフラワーで表現。

代表の前進させる、実行する力強さは、
センターのバンクシア、

いつも笑顔がステキで、
がんばっている女性スタッフは、
秋色紫陽花やネイティブフラワーで表現。

どこを上にしても成立するデザインは、
ジャンルにとわれず多様なお取引先を
支援している様子です。

5周年おめでとうございます。
周年は新しいスタートなのだなあと
思いました。

さらなるご発展を!

開院祝いのホワイトリース

開院祝いのホワイトフラワーリース

新宿から世界に笑顔をふやす
ホワイトニングのクリニック開院祝いの
メンテナンスフリーのフラワーリース。

クリニックのコンセプトをたいせつに、
清潔感のある内装のなかで、
お客さまとのつながりをあらわす、
やさしく白い輪。

その中できらきら笑顔が輝く景色を、
ゴールドのルナリアをいれることで、
表現しています。

この場所からお客様にもクリニックさまにも
たくさんの実りがありますようにとの
願いをこめて色づくサンキライの実を
アクセントにプラス。

ご注文者さまの想いを
お花と言葉でお届けさせていただきました。

開店祝いにフラワーガーランド

開店祝いにフラワーガーランド

新しく港区に開店する飲食店へのフラワーガーランド。

注文者さまからお店のコンセプトや、
ユニークな店名について教えていただき、
フラワーデザインに反映しています。

にぎやかなエリアでの開店ですがひとりひとりのお客さまを
とても大切にされていることがうかがえるお店。

料理と店主さんの温かいおもてなしのそばに
よりそうオーダーメイドフラワーガーランドです。

ドライフラワー

よろこびとたのしみをつくる編集屋です

あー今週も疲れた、、くたくた。

やすみのあすは、おきにいりのあの店のテラス席で、
秋風にあたりながら白ワインをあけ、
時間をかけてゆっくりシーフードランチを楽しみたい。

、、、というのは数年前の私の金曜日の夜の妄想です。

私たちの仕事は、このランチを提供する店のよう、
なんですよね。

えびやたこやほたてのこともそれなりに知っているですが、
(お花のことも知っているのですが)

どちらかという、それらをどう調理して、どのようなシチュエーションのお客さまに
提供するかを考え、楽しみ方を提案することのほうが得意だったりします。
(お客様の目的にあわせて花や情報をくみあわせることが得意だったりします)

さまざまな素材を、
人が楽しめる状態に「編集」すること。
それがあげたけの仕事です。

写真は来週ご注文いただいているドライフラワーアレンジメント用に、
お花を加工している様子。

来週常連のお客様の記念日のディナー用に、
豚肉をしこんでいるところ、、的な感じでしょうか。

私たちは人の喜びや楽しみをつくる編集屋。
お花や植物はそのための最高の手段なんです。

これからも業種関係なくたくさんの方々と
いっしょになってささやかな喜びを
つくっていきたいです。

ランドセルとおなじ色のスワッグ

ランドセルと同じ色のスワッグ

こどもの頃のランドセルや自転車って何色でしたか。

「青!」とか「赤!」とか、
あのころ好きだった色をパッと選んでいたのではないでしょうか。

おとなになってからは、
色を選んできた経験が豊富なので、
似合う色や、流行りの色、無難な色といったかんじで、
意図して色をえらんでいることがおおいのないでしょうか。

県外に住んでいる6歳の小学生の女の子へのスワッグのご注文があり、
そのとき、

「ランドセルの色がラベンダーなので、
やさしいラベンダーカラーがあればいれてください」

と聞いてハッとしたのでした。

たぶん女の子は、ラベンダー色を心からきれいだなあとおもっていて、
もらったお花にその色が入っているだけで、とても喜ぶだろうなあと。

周囲の目線や、選んだ理由などは
そこにはなくて、ただきれいだなあという
感覚でえらんだラベンダー色なのではと。

そんなことをイメージしながらずっとラベンダー色を楽しめる
スワッグを束ねました。

おとなになってからも、すきな色えらびをしてる方も
たくさんいるとおもいますが、

あれこれ考えすぎてしまう方は、こどもの頃に自分で選んだものの、
色や形を思い出してみると、自分が美しいと心から感じられる色や
自分なりのものさしのようなものをみつけられるかもしれません。

選べる環境があったことに感謝ですね。