All posts filed under “フラワーアレンジメント

開店祝いのアレンジメント

光り輝く開店祝いのアレンジメント

冷たい空気がより一層、
花たちの美しさをとぎすましているように
感じるきょうこのごろ。

おめでとう!の言葉とともに、
相手のそばにいく花たちをながめていると、
花は光をとらえるがうまいなあと思うのです。

光をとおしたり、
自分のかたちをたくみにつかって
はねかえしたり、立体的に演出したり。

先日納品した開店祝いのアレンジメント。
場所をとらない縦長シルエット。

動きのあるデザインだから、
野暮ったくなりません。

光り輝く挑戦者へ、
「さらなる高みを」といった言葉とともに
ギフトされてみてはいかがでしょうか。

変わりたいを応援するアレンジメント

変わりたいを応援するアレンジメント

引っ越しをする、
転職をする、
髪型をかえる。

いままであゆんできた人生の
いろいろな「リニューアル」を考えると、

そこには「変わりたい」という気持ちが
あったりしませんでしたか?

リニューアル祝いのアレンジメント。

変化をポジティブにとらえ、
変わりたいという気持ちを、
大胆な花材と構成で表現しました。

「変わりたい」を
応援するアレンジメントです。

ドライフラワーアレンジメント

開店祝いにドライフラワーアレンジメント

千葉の器屋さんのオープン祝いのアレンジメント。

フラワーギフトは、
お花を受け取られる方にフォーカスしたいですが、

新しいお店であれば、
オーナーさんもかなり思い入れがあるので
空間にマッチするような花であると
とてもよろこばれますよ!

ドライフラワーを中心に
構成していますので、

アートピースとして
ずっとながく飾って楽しんでいただけます。

祝福の気持ちがとどきますように。

2021年も残り3ヶ月

2021年も残り3ヶ月

もうすぐ10月。
今年も4分の3がおわろうとしています。

2021年も残り3ヶ月、
みなさんはどのように過ごされたいですか。

少し前から世の中の動きも早いので、
計画をたてることをやめて、

予定はできるだけ最短のスケジュールに
いれているのですがこれがなかなかいいです。

やりたいことが多い方は
ぜひお試しを。

フラワーギフトアレンジメント

秋生まれの方へのフラワーギフトアレンジメント

秋らしくとオーダーいただいた
誕生日のフラワーギフトアレンジメント。

自分も秋生まれだから、
できあがった花をかみしめるようにみながら
あの年のこの季節はこんなだったなあと回想。

たぶんおそらく、
おおくの人が自分がうまれたころの、
花だったり、外の空気のにおいに
感覚が反応するんじゃないでしょうか。

誕生日、やっぱり花があるといいものですね。

こちらのアレンジメント、
もらわれた方も、
お花から秋を感じていただけたらうれしいなあ。

▼産地直送Freshアレンジメント
フラワーギフトアレンジメント

法要のお花

お供えのお花を贈る時には

ふるさとに帰れないため、
代わりにお花に行ってもらうイメージで
法要のお供えのアレンジメントのご注文。

ご希望のお花やトーンも教えていただいたのですが、
故人さまが庭木や盆栽をお好きな方ということまで
教えていただいたことで、

全体のふんいきづくりができたうえに
心を寄せてお花をつくることができました。

お供えのお花についても、
ぜひ相手の方の好きだったことや、
趣味など教えていただけると
とてもうれしく思います。

人がそれぞれのように、
贈る花もそれぞれ。

心おだやかな法要となりますように。

敬老の日のフラワーアレンジメント

明日は敬老の日

きょうは秋晴れで、いろんなところで運動会が開催されてたようですね。

きっとたくさんすてきな写真や動画が撮れたのではないでしょうか。

花屋は敬老の日とお彼岸の準備で慌ただしくしております。

本日もたくさんの敬老の日のお花のご注文ありがとうございました。

明日当日もお早めにご連絡いただけましたら
できるかぎり対応させていただきますので
お気軽にお問い合わせくださいね。

秋らしい色づいたお花が市場にも多く出始めてきています。

みなさんにご紹介するのが今から楽しみ。
たのしい秋を計画していきます。

フラワーアレンジメント

花をみつめて観察力をトレーニング

花をじっとみます。

気になる花の色や形状を細かくみます。

つぎは花と花のかさなりをみます、そしてアレンジ全体をみます。

今度は、花になったつもりで花側から自分をみます。
表情や感情を想像します。

最後に、花をみている自分と花を
天井の上あたりからみている想像をします。
人と花の関係はどうか。

上の作業を、何を感じたか→どう思ったか→こう考えたを
していくと「観察力」のトレーニングになります。

たくさんの花をもらうことで感動するひともいれば、
ひとつの花からたくさんの感動をみつけるひともいます。

あなたはどちら。

・・・

このアレンジをみて「シェー」というフレーズが頭をよぎった方は、
あげたけスタッフとジェネレーションギャップが少ないかと^^