教えないフラワーアレンジメント教室

昨年も好評だったこども向けのフラワーアレンジメントワークショップを今年も近くのこども園さんで実施しました。

花工房あげたけのワークショップは、おとな向けもこども向けも、個性を存分に表現するのがルール。お手本は参考にしても良いのですが、あまりとらわれすぎず自分の中にあるものを自由に目の前に表現することを大切にしています。
今回はこどもたちには、たくさんの色・形の花の中から好きな花を7本選び、こどもたちが手作りした花器にアレンジメントしてもらいます。もちろんお手本は用意していませんよー。

さてさていよいよはじまりはじまりー。

昨年も担当した福井が今回の講師。福井は日本フラワーデザイナー協会の講師資格をもち、外部評価も得ているベテランスタッフ。まずはお花について一つ一つこどもたちに説明させていただきました。

すごく真剣に聞いてくれています。普段虫や動物と遊んでるみんな、花も生きてるんだよ。

花の説明をした後は、みんなに作ってもらう作品のコンセプトを決めてもらいます。「好きな花を7本選んでみんなの作った花器に挿し、お話を完成させましょう」と福井から説明。さてどんなテーマを設定しているのでしょう。

みんなが手作りで作った花器。素晴らしい出来栄え。

こちらも素敵。みんなたくさん工夫を凝らしているんですね。

さあ花選びだ。みんなのお話に登場する花はどんな花なのか?みんな一人一人花選びにも個性が溢れかえっています。

最後の一本がなかなか決まらない子も。そのくらい真剣に考えてるんだよね。素晴らしい。

どんどん質問もきます。そろそろ役者が決まりそうだ。

パステルカラーをうまく組み合わせた花選び。センスあるね!

フラワーアレンジメント作り開始。

迷うことなく、笑顔で大胆に花をいけこむ女の子。

あれこれ考えながら、神妙な顔つきで、繊細なアレンジメントを作る男の子。

夢中になっています。何もかも忘れてただ花の美しさに集中し、目の前に自分の表現をする。最高の時間です。

フラワーアレンジメントを作っているとき、一人の男の子が「きれーーーー」と感嘆。日常生活の中でなかなかありませんよねこんなこと。花ってやっぱりすごいと花屋も感動しました。

制作中は、花屋の先生も、こども園の先生も手出ししません。
こども「どのくらいの長さに切るのー?」
先生「好きな長さでいいよー」

あくまで自由に。邪魔をしないように。

できてきました。どこを工夫したの?と質問するとみんなしっかり答えてくれます。

完成ー♪うまいっ!
ぜひ花工房あげたけでアレンジメントを作って欲しい笑

見てください。上に凛々しく伸びるチューリップ。空間が寂しくならないように薔薇やスイトピーで流れを作り、足もとにも花をセットするこの絶妙なバランス。はっきりいいます天才です。ちなみに男の子の作品ですよー。

こちらは女の子の作品。みんな素晴らしい花の入れ方。

最後はみんなの作った作品をお互いに鑑賞。この時間も発見がいっぱいあるよね。

今年もフラワーアレンジメント作りに挑戦してくれてありがとうございました。自分らしく咲く花のようにみんなも自分の持ち味をたくさん表現してすくすく成長して欲しいと思います。

出来上がった作品は保護者の方も見ることができるようですが、完成形を褒めていただいた上で、ぜひ作品を作る上で工夫したポイントを聞いてあげてくださいね。自分の頭の中で作ったストーリーと花々で出来上がったとってもクリエイティブな作品なので^^

こども園のみんな、先生、今年も貴重な機会をありがとうございました!

花工房あげたけ