All posts tagged “アレンジメント

自宅で!自作で!花見キット

"桜で心を明るく"

今年は日本や春の到来の象徴する桜を、自宅で!自作で!楽しんでみませんか?遠方のお友達に季節のギフトで贈るのも良し。親子で桜をいける体験にチャレンジされるのもおすすめです!

手順

①桜キットをお届け

必要な材料はすべてキットのまとめて送付。まずは鉢の中にたっぷりと水を含ませたスポンジをセットします。

②桜の枝を入れる

枝の個性を見つめながら自分の思うのように器にいけましょう。あなたが眺めたい桜に仕立ててください。

③足元を苔で隠す

枝が入ったら、付属品の苔で足元を隠して完成です。家の中に「自分好み」に仕上がった桜の小庭が完成です。

こちらの商品へのお問い合わせはこちら

花工房あげたけ
TEL 0858-37-2010

教えないフラワーアレンジメント教室

昨年も好評だったこども向けのフラワーアレンジメントワークショップを今年も近くのこども園さんで実施しました。

花工房あげたけのワークショップは、おとな向けもこども向けも、個性を存分に表現するのがルール。お手本は参考にしても良いのですが、あまりとらわれすぎず自分の中にあるものを自由に目の前に表現することを大切にしています。

今回はこどもたちには、たくさんの色・形の花の中から好きな花を7本選び、こどもたちが手作りした花器にアレンジメントしてもらいます。もちろんお手本は用意していませんよー。

さてさていよいよはじまりはじまりー。

昨年も担当した福井が今回の講師。福井は日本フラワーデザイナー協会の講師資格をもち、外部評価も得ているベテランスタッフ。まずはお花について一つ一つこどもたちに説明させていただきました。

すごく真剣に聞いてくれています。普段虫や動物と遊んでるみんな、花も生きてるんだよ。

花の説明をした後は、みんなに作ってもらう作品のコンセプトを決めてもらいます。「好きな花を7本選んでみんなの作った花器に挿し、お話を完成させましょう」と福井から説明。さてどんなテーマを設定しているのでしょう。

みんなが手作りで作った花器。素晴らしい出来栄え。

こちらも素敵。みんなたくさん工夫を凝らしているんですね。

さあ花選びだ。みんなのお話に登場する花はどんな花なのか?みんな一人一人花選びにも個性が溢れかえっています。

最後の一本がなかなか決まらない子も。そのくらい真剣に考えてるんだよね。素晴らしい。

どんどん質問もきます。そろそろ役者が決まりそうだ。

パステルカラーをうまく組み合わせた花選び。センスあるね!

フラワーアレンジメント作り開始。

迷うことなく、笑顔で大胆に花をいけこむ女の子。

あれこれ考えながら、神妙な顔つきで、繊細なアレンジメントを作る男の子。

夢中になっています。何もかも忘れてただ花の美しさに集中し、目の前に自分の表現をする。最高の時間です。

フラワーアレンジメントを作っているとき、一人の男の子が「きれーーーー」と感嘆。日常生活の中でなかなかありませんよねこんなこと。花ってやっぱりすごいと花屋も感動しました。

制作中は、花屋の先生も、こども園の先生も手出ししません。
こども「どのくらいの長さに切るのー?」
先生「好きな長さでいいよー」

あくまで自由に。邪魔をしないように。

できてきました。どこを工夫したの?と質問するとみんなしっかり答えてくれます。

完成ー♪うまいっ!
ぜひ花工房あげたけでアレンジメントを作って欲しい笑

見てください。上に凛々しく伸びるチューリップ。空間が寂しくならないように薔薇やスイトピーで流れを作り、足もとにも花をセットするこの絶妙なバランス。はっきりいいます天才です。ちなみに男の子の作品ですよー。

こちらは女の子の作品。みんな素晴らしい花の入れ方。

最後はみんなの作った作品をお互いに鑑賞。この時間も発見がいっぱいあるよね。

今年もフラワーアレンジメント作りに挑戦してくれてありがとうございました。自分らしく咲く花のようにみんなも自分の持ち味をたくさん表現してすくすく成長して欲しいと思います。

出来上がった作品は保護者の方も見ることができるようですが、完成形を褒めていただいた上で、ぜひ作品を作る上で工夫したポイントを聞いてあげてくださいね。自分の頭の中で作ったストーリーと花々で出来上がったとってもクリエイティブな作品なので^^

こども園のみんな、先生、今年も貴重な機会をありがとうございました!

花工房あげたけ

寄せ花

卒業式・送別会にオススメ!”寄せ花”

"寄せ花"とは?

寄せ花は、クラスメイトや同僚メンバーから、先生や退職される方へ感謝の言葉と花を贈る体験ギフトです。唯一無二のアレンジメントをみんなで作り「笑顔」と「感謝」あふれるシーンを体験しませんか?「素人が作る花で大丈夫?」という心配はご無用。昨年受け取られた方は大変喜ばれています。花は気持ち。ぜひお世話になった方に花とメッセージを寄せてあげてください。

寄せ花のギフト手順

寄せ花

①寄せ花キットをお届け

生花・バスケット・フラワーフォーム・説明書がセットになった寄せ花キットをお届け。お持ち帰り用のバッグもおつけしますのでお客様側でご用意していただくものはございません。

寄せ花

②寄せ花にチャレンジ

説明書を参考に寄せ花に挑戦。豊富な花の種類から一人ずつ好きな花を手に取って先生が手に持つバスケットへ花を差し込み、勇気を持って相手に感謝の一言を伝えましょう。

寄せ花

③みんなで贈る花ギフトが完成

先生の目の前で、世界に一つだけのフラワーアレンジメントが完成!個性や想いがたくさん詰まったアレンジメントは美しさをよりも伝わるものがあります。

寄せ花をもらわれた方の声

寄せ花

“卒業する生徒一人一人から花をプレゼントしていただき幸せな時間でした。一つずつの花もうれしいけどあとで大変なのでバスケットで持って帰れてとても嬉しかったです。”

(中学校教員・吉田先生)

価格・送料

寄せ花

寄せ花キット Small

¥5,500(税込)

15名様くらいの人数でプレゼントするグループにオススメ。最小サイズですが花の種類も多くて喜ばれています!

寄せ花

寄せ花キット Midium

¥7,700(税込)

25名様くらいの人数でプレゼントするグループにオススメ。ボリューム感のある花も入り迫力がでます!

寄せ花

寄せ花キット Large

¥11,000(税込)

25名〜30名前後の人数でプレゼントするグループにオススメ。集合写真でもしっかり画映えする豪華なサイズです。

商品サイズ

イメージ写真は身長160cmの女性がバスケットを持ったイメージです。バスケットサイズは幅約30cm×高さ約30cmとなり、そこに花の高さと幅が追加されます。Large以上をご希望の場合はお気軽にご相談ください。

梱包配達料・梱包発送料

全国送料一律1,200円で発送可能です。ただし、北海道・沖縄・離島につきましては別途配送料1,600円がかかります。鳥取県東伯郡・倉吉市については無料配達料対応いたしますのでお電話にてご注文ください。(花工房あげたけ 0858-37-2010)

お花について

お花については保水をした状態でお届けさせていただきますが、到着しましたら傷まないよう涼しいところで保管しお早めにご使用ください。花につきましてはその時最も旬な花材をご用意させていただきます。ご指定はできませんのであらかじめご了承ください。

ご注文者さまの声

とてもお世話になった先生だったので、保護者メンバーでも「花を贈って嬉し泣きさせたい」と思い寄せ花をしました。不格好なアレンジになったらどうしようという心配もありましたが、先生が「このみんなの個性が詰まった花がとてもうれしい!」と喜んでくれ大変嬉しかったです。
バレー部保護者女性
バレー部保護者
女性
うちの部署では送別会では花束を渡していましたが、花束はもらった方があとで自宅で管理するのが大変と伺ったのでこちらのフラワーアレンジメントにしてみました。感動したのはもちろんなのですが、たくさんの花の中からその花を選んだ理由を発表しながらプレゼントしたのが大盛り上がり。たくさん笑った賑やかな送別会になりました。
メーカー男性
メーカー勤務
男性
こちらの商品へのお問い合わせはこちら

花工房あげたけ
TEL 0858-37-2010

お正月アレンジメントワークショップ

毎年ご好評いただいているお正月アレンジメントのワークショップを今年も行います。

2020年は令和初のお正月、
そして東京オリンピックの年。
干支も先頭のネズミ。

毎年以上に日本という国を意識したり、
新しい時代をどう生きるかを考える年になりそうですね。

今年のお正月アレンジメントは、美しい日本を感じられるような縁起物の花材を準備させていただきました。
基調色は紅白。白い大輪のダリアが輝くように咲き、ナンキンハゼ、難を転じる南天などの実ものが雰囲気を作ります。松・竹・梅が凛々しく入り、その根本には、新しい時代の芽吹きをイメージしたカラーの菊を入れました。

ご購入いただくのもとても嬉しいのですが、
来年を自分らしくデザインするという意味も込めてご自身でワークショップで作って見られることをおすすめいたします。

みなさんでにぎやかに楽しんでアレンジメントを作りましょう!

ご予約はこちら

WORKSHOP|お正月アレンジメント

  • 日時:2019年12月30日(日)10:00-12:00 or 18:30-20:30
  • 場所:コンパス  鳥取県東伯郡北栄町由良宿1603花工房あげたけ2階
  • 定員:各回15名(予約先着順。定員に達し次第受付終了となります)
  • 費用:4,300円(税込)
  • 主催:花工房あげたけ
  • 予約:こちらよりご予約ください。

母の日企画「Story Flower」限定30名様まで

「あなたがよーく覚えているお母さんとのストーリーは何ですか?」

心あたたまるストーリー。
思い出すと泣けてくるストーリー。
ほろ苦いけど大切なストーリー。
腹を抱えるほど笑えるストーリー。
お母さんは忘れてるかもしれないけど私はよく覚えているストーリー。

いろいろあるよね。母と子だから。
そのストーリーはあなたとお母さんがともに同じ時を過ごした証であり、
唯一無二のたからもの。

・・・

もうすぐ母の日。
お母さんの好きな花もいいけど、今年はあなたとお母さんの大切なストーリーを
フラワーアレンジメントとしてプレゼントしてみませんか?

花工房あげたけでは、母の日企画としまして、
30名様限定で『あなたとお母さんのストーリー』を
お花でアレンジメントする「Story Flower」を行います。

思い出のストーリー、そしてその情景をあらわすカラーを教えてください。
いただいた情報をもとに、様々なフラワーアレンジメントを制作してきた
ベテランフローリストが思い出を花に表現(料理)します。

出来上がったアレンジメントは「思い出ストーリー」とともに配達または配送。
フラワーアレンジメントだからそのままお部屋に飾れますよ。

あなたとお母さんが当時を懐かしむ話のきっかけに、
そして新しい思い出づくりのきっかけになれば、
とてもうれしいです。

このような方にオススメ:
・モノ贈りだけでなく、コト(体験)贈りを楽しみたい方
・いつもとちがったフラワーギフトを贈りたい方

ご注文の前に:
 ・この商品につきましてはストーリーをおうかがいしてからお花を仕入れますので、
ご注文をご希望の方は4月末日までにご予約ください。(先着30名様まで)
特別にお花を仕入れる関係上、ご注文後のキャンセルはできませんのであらかじめ
ご了承くださいませ。
・フラワーアレンジメントの花材は、仕入れタイミングで旬のお花を、
そしてストーリーをあらわすような花を使用させていただきます。
花材につきましては花屋にお任せいただくことになりますのであらかじめ
ご理解ください。
・地方への発送も承ります。(ヤマト便・ゆうパックのそれぞれの送料が発生します。)
鳥取県につきましては北栄町・琴浦町・大山町・湯梨浜町・倉吉市は配達料無料。
鳥取市・米子市につきましては、10,000円(税抜)のプランから配達料無料と
なります。

料金:
・5,000円(税込5,400円)
約30センチ四方のサイズ感。大きすぎずリビング・ダイニングにぴったり。
・10,000円(税込10,800円)
約50センチ四方のサイズ感。玄関に飾るととっても華やか。
※5,000円(税抜き)以上からのご注文となります。上記以外のご予算についても
お気軽にご相談ください。

ご注文の流れ:
 ①ご注文は、
お電話 0858-37-2010
Eメール keiichi@agetake.co.jp
SNSのダイレクトメッセンジャー
で承ります。

ご予約先着30名様までとなりますので、まずは「Story Flower希望」とだけ、
ご連絡ください。その後、花工房あげたけから、配達発送に必要な項目や、
あなたとお母さまとのストーリーとそのストーリー象徴するようなカラーについて
教えていただきたい内容をまとめてご連絡をさせていただきます。

ちなみにストーリーやカラーについては以下のようにご検討ください。

(例)
<ストーリー>
小学2年生のとき、近所の子どもたちで公園で遊んでいたとき、
1年生の子が上級生にいじめられているのをみつけ、いじめられている子を
抱きしめて、上級生に諭すようにしかったお母さんをみて、
私もやさしく強い女性でありたいと思うようになりました。
何気ないことだったかもしれないけど私の中では鮮明に覚えています。

<カラー>
オレンジ: 小学校の帰り道。夕焼けが印象的。
ピンク:  夕焼けのグラデーションが綺麗だった。
ホワイト: お母さんが輝いて見えた

②情報をいただいた後、お花を仕入れ制作をし、希望日にお届けさせていただきます。

フローリストのご紹介:

福井歌奈子:
花工房あげたけフローリスト。県外の大学で花を学んだのち、関西のウェディング業界でフラワーデザイナーとして活躍。現在は花工房あげたけのフローリストとして空間装花や花のアートディレクション、フラワーアレンジメントワークショップの講師などを担当。鳥取県フラワーデザイン競技会にて鳥取県知事賞を受賞。

高田真紀子:
花工房あげたけフローリスト。ブーケデザインの技量が高く評価され、ドイツをはじめ海外で花を学んだのち、現在は花工房あげたけのフローリストとして活躍。さまざまな花材を活用し、アートディレクション、空間装花、ワークショップの講師などを務め、数々の対外的な評価を受けている。


花工房あげたけより
「ストーリーで盛り上がる、新しいストーリーを企画する母の日」:

三代目啓一です。

母と子だからその間には照れが少なからずあるんじゃないでしょうか。
この照れ。よくわかります。
でも大切な人だから年に1回くらい照れを乗り越えてしまおう、
そのための体験を花屋がお膳立てできないかなあというのが今回の趣旨です。

昔の印象的だった思い出話をすることで、再び母子の間に、旅行に行ったり、ご飯を食べに行ったりという「また体験を共有しよう」という機会が生まれてほしい、
そのきっかけが「思い出話をイメージしたフラワーアレンジメントだったらおもしろくない?」というところから企画が持ち上がりました。

最近のギフトシーンでは、映えを意識した商品が目を引きます。僕もいいねも映えもスタンプも大好きなコミュニケーションです。ただ踏み込んだコミュニケーションは減っている印象が強いです。

表面的だったり踏み込んだり、いろんなコミュニケーションがあっていいと思うのですが、
自分の生みの親に感謝の気持ちを伝えるようなコミュニケーションは、人が人として成長する上で大切だと考えています。

人生100年として、100回の母の日くらいは、
エモいコミュニケーションが母子の間にあってもいいんじゃないでしょうか。

お母さんが好きな花を贈るほうがギフトするハードルは低いのかもしれません、
子どもが選んでくれるのならなんでも良いかもしれません、
でも勇気を持って伝えてくれた気持ちは一生心に残ると思います。

ストーリーで盛り上がる、新しいストーリーを企画する母の日を
つくってみてはいかがでしょうか?

 

商品制作中

数日前からスタッフが手を動かし頭を使いながら新しい商品づくりに格闘しております。今回は大きいサイズの作品。参考作品を観察・分析し、実際に手を動かしチームでディスカッションしながらバランスを整えていきます。

お客様に納品できたらまたご紹介させていただきまーす!