All posts tagged “教室

教えないフラワーアレンジメント教室

昨年も好評だったこども向けのフラワーアレンジメントワークショップを今年も近くのこども園さんで実施しました。

花工房あげたけのワークショップは、おとな向けもこども向けも、個性を存分に表現するのがルール。お手本は参考にしても良いのですが、あまりとらわれすぎず自分の中にあるものを自由に目の前に表現することを大切にしています。

今回はこどもたちには、たくさんの色・形の花の中から好きな花を7本選び、こどもたちが手作りした花器にアレンジメントしてもらいます。もちろんお手本は用意していませんよー。

さてさていよいよはじまりはじまりー。

昨年も担当した福井が今回の講師。福井は日本フラワーデザイナー協会の講師資格をもち、外部評価も得ているベテランスタッフ。まずはお花について一つ一つこどもたちに説明させていただきました。

すごく真剣に聞いてくれています。普段虫や動物と遊んでるみんな、花も生きてるんだよ。

花の説明をした後は、みんなに作ってもらう作品のコンセプトを決めてもらいます。「好きな花を7本選んでみんなの作った花器に挿し、お話を完成させましょう」と福井から説明。さてどんなテーマを設定しているのでしょう。

みんなが手作りで作った花器。素晴らしい出来栄え。

こちらも素敵。みんなたくさん工夫を凝らしているんですね。

さあ花選びだ。みんなのお話に登場する花はどんな花なのか?みんな一人一人花選びにも個性が溢れかえっています。

最後の一本がなかなか決まらない子も。そのくらい真剣に考えてるんだよね。素晴らしい。

どんどん質問もきます。そろそろ役者が決まりそうだ。

パステルカラーをうまく組み合わせた花選び。センスあるね!

フラワーアレンジメント作り開始。

迷うことなく、笑顔で大胆に花をいけこむ女の子。

あれこれ考えながら、神妙な顔つきで、繊細なアレンジメントを作る男の子。

夢中になっています。何もかも忘れてただ花の美しさに集中し、目の前に自分の表現をする。最高の時間です。

フラワーアレンジメントを作っているとき、一人の男の子が「きれーーーー」と感嘆。日常生活の中でなかなかありませんよねこんなこと。花ってやっぱりすごいと花屋も感動しました。

制作中は、花屋の先生も、こども園の先生も手出ししません。
こども「どのくらいの長さに切るのー?」
先生「好きな長さでいいよー」

あくまで自由に。邪魔をしないように。

できてきました。どこを工夫したの?と質問するとみんなしっかり答えてくれます。

完成ー♪うまいっ!
ぜひ花工房あげたけでアレンジメントを作って欲しい笑

見てください。上に凛々しく伸びるチューリップ。空間が寂しくならないように薔薇やスイトピーで流れを作り、足もとにも花をセットするこの絶妙なバランス。はっきりいいます天才です。ちなみに男の子の作品ですよー。

こちらは女の子の作品。みんな素晴らしい花の入れ方。

最後はみんなの作った作品をお互いに鑑賞。この時間も発見がいっぱいあるよね。

今年もフラワーアレンジメント作りに挑戦してくれてありがとうございました。自分らしく咲く花のようにみんなも自分の持ち味をたくさん表現してすくすく成長して欲しいと思います。

出来上がった作品は保護者の方も見ることができるようですが、完成形を褒めていただいた上で、ぜひ作品を作る上で工夫したポイントを聞いてあげてくださいね。自分の頭の中で作ったストーリーと花々で出来上がったとってもクリエイティブな作品なので^^

こども園のみんな、先生、今年も貴重な機会をありがとうございました!

花工房あげたけ

ハンギンググリーン

コンパス|爽・ハンギンググリーン

じわじわ暑くなってくるこの季節。

涼やかなグリーンを暮らしの中に入れてみませんか?

 

 

爽・ハンギンググリーンは、吊るして楽しむグリーンアレンジ。
窓辺に吊るすもよし、リビングで楽しむもよし、
ダイニングで眺めるもよし。

 

 

人気のグリーン花材を使って、
あなたオリジナルの涼しいをデザインし、
小さな森を暮らしの中に作ってみませんか?

 

WORKSHOP|爽・ハンギンググリーン

  • 日時:2019年6月9日(日)13:00〜15:00
  • 場所:コンパス 鳥取県東伯郡北栄町由良宿1603花工房あげたけ2f
  • 定員:9名(予約先着順。定員に達し次第受付終了となります)
  • 費用:4000円(税込)
  • 予約:下記よりご予約ください。
    ※すべてのリソースという項目は無視してください。
    ※ご予約方法がわからないという方はお電話にてご予約ください。
  • 問い合わせ先:花工房あげたけ 0858-37-2010
  • ご予約はこちら
    https://nsew.space/workshop/workshop|ハンギンググリーンづくり/

コンパス|ミモザ&ローズマリーのリースWORKSHOP

ミモザがある楽しい季節がきました。

ビタミンカラーが元気をくれるミモザに、香りがたまらないローズマリーを合わせて
リースづくりのワークショップを開催します。

あぁ。爽やか。
イエロー、モスグリーン、シルバーグリーンの彩り。
そしてローズマリーの香り。

自宅にいながらだんだん暖かい季節になってきた春の森にいるような気分。

3月9日(土)10:00〜限定9名での開催。
詳しくはコンパスWebサイトへ。

三代目日記|麗しい仕事姿

三代目啓一です。ちょっと長いです。

出張から帰るときの羽田から鳥取行きの最終便で帰った時の
CAさんのアナウンスがすばらしかったんです。

品良く、ゆっくりと、間をとって、暖かい感じで。

ANAには頻繁に搭乗していてこれまでのCAさんのアナウンスも丁寧ではあったのですが
「この人あきらかに何かが違うぞ」と思い、タダでさえ高い座高をさらに伸ばしアルパカのごとく前方を見たんです。

するとかなりベテランっぽい方のお姿が。(すみません勝手な推測です)引き続き様子を見ているとお客様がシートにあるカタログを指差して何かギフトを頼まれた模様。

そのCAさんは対応方法がわからなかったようなのですが、すぐさま若いCAさんに対応方法を確認しテキパキとお客様対応されていました。「ひょっとしたら出戻りの方かな」と勝手な妄想を進めているうちに無事飛行機は着陸。

ぼくは最後から二番目に降りたのですがそうすると「大変お待たせいたしました」との暖かい言葉。「ステキなアナウンスでした」と直接お伝えする予定が最後のコメントがこれまた暖かく、なぜか深くおじぎをしてその場を立ち去るという不可思議な所作をしてしまいました笑(なんか恥ずかしい・・・)

いやいやそのくらいは他のCAさんもしてるよという意見も聞こえてきそうですがトーンや間の取り方があきらかに違ったんです。「ひょっとして最終便だからお客様が疲れていることを念頭にそう話されているのでは?」「とすると朝なら送り出してくれるバージョンもあるのかな」とさらに妄想する自分。

ぼくの勝手な推測としては「このCAさんはあきらかに目の前にいるお客様に集中され自分で考えて判断して行動されている」と思いました。誰かに教わった感とかマニュアル感とか全く感じなかったですし。

ぼくが花屋の二階でしているコンパスという学校は「教えない学校」を特長の一つにしていて、自ら考えて自分のやり方を見つけることを標榜しているので、今回のこのCAさんの行動はガツーン!とぼくの胸を打ったのでした。

「なんで俺は深くおじきをして何も言えなかったんだ・・」とまるで告白できないまま卒業したかのような感情に苛まれたぼくは初めてANAのお客様相談室にお礼のメールを書いておりました。

本日回答がきてこのことを担当CAに伝えますと聞いてホッとするとともに、もしまた最終便に乗った時は「あの時アルパカのようにしていたものです」(これは冗談)とか「本当は直接お礼をお伝えしたかったのです」と伝えるぞーーと思ったのでした。


さてそろそろ花の話題へ。
今日は送別会の花のご注文をいただきスタッフが爽やかに仕上げてくれました。パステルカラーが春感を演出してて良い感じです^^

送別会のシーズン、ネットで挨拶文とか検索せず、自分で考え抜いた言葉でおくりだしてあげてはどうでしょうか。

スマートな言葉よりも絶対に伝わりますよ!
(くれぐれも深いおじきだけにはされませんよーに)

 

コンパス

コンパス|春の香りを楽しむフラワーアレンジメントをつくってみよう

WORKSHOP「春の香りを楽しむフラワーアレンジをつくってみよう」を開催しました。

この日に向けて、気分が上がる花たちを仕入れておきましたよー。

みなさんが大好きな花入ってますか?

フラワーアレンジメント

今回のテーマは「春の香り」。

アレンジメントに中央にセットされるのはこちら!

フラワーアレンジメント

そうです。ヒヤシンスです。
小学校の時に水耕栽培とかしましたよね。あれです。

ヒヤシンスは毎年「懐かしい香り〜」と手にされる大人の方がおられ
最近では水耕栽培用のおしゃれな花器も販売されてたりと
定番商品化してますね。

あと、今回はムスカリの入荷も間に合ったので花材として入れておきました、
あとはラベンダーも!

フラワーアレンジメント

ほかにはミモザ。
ミモザは「映える」こともあって以前に比べてものすごい人気。
だいたい関東側に流れがちだったりするので、逃げないように捕まえておきました笑

さて、いよいよ制作にとりかかるのですが、ここで今回講師をつとめる福井から一言。

「さあ自分を自由に表現してみましょう!はい、スタート!」

えぇ〜教えてくれないの!?、、、と言われそうですが、そうなんです。
コンパスは「あなたの時間」を大切にしています。

いつも仕事をしたり、家事をしたり、、、
「誰かのための自分」を頑張っていますよね。
そんな方にお花を触る時間くらい、自分を存分に楽しんでもらいたい!
本来の自分と対話していただきたいそう考えています。

そこで今回は花を触るまえに簡単なゲームもしました。
「最近心が動いたことは何か?」みなさんに紙に書き出してもらうというもの。

これも自分の心惹かれているものを感じるから考えるに変換してみたり、
他の人との違いを肯定的にとらえてみたりするトレーニングなんです。

ゲームをとおして、緊張感がほぐれたところで
さあフラワーアレンジメント作りに突入です!

フラワーアレンジメント

集中しまくっているみなさん。

フラワーアレンジメント

静けさの中でハサミの音が響いてます。

フラワーアレンジメント

何かもかも忘れて花を触る時間。

フラワーアレンジメント

何かの修行のように見えるかもしれませんが笑、
もちろん楽しくつくっていただきました。
全く教えないわけではなく、疑問点などにはちゃんとお答えさせていただいてます。

フラワーアレンジメント

もうすぐ完成。

フラワーアレンジメント

できたー!
予想はしておりましたが、みなさんの個性がたっぷり詰まった作品がそこにありました。

花と花の間の空間をうまくミモザでデザインされた方や、(謙遜されてましたが本当にお上手でした!)
たおやかな雰囲気をイメージして長めに花を入れてみた方、(それぞれの花がうまーく補完しあう入れ方でした!)
アレンジメント中央部分のヒヤシンスが主役となるようメリハリをつけてみた方、(中央の生命力感、オーラありましたね!)
作品に個性を持たせるためアシンメトリーに仕上げた方。(非対称の美、コデマリの重なりが特にビューティフォーでした!)

いやー本当にすんばらしいっ!!!!!

先生から手取り足とり教えてもらうこともできたのですが、みなさんが長い年月をかけて出来上がった大切な個性に
フタをして、一般的に美しいと思えるものをつくるよりも、とっても価値があると思います。

実際にどれも工夫されたポイントが花にあふれており、同じ花材でも完全に別の作品になっておりました。
どうか自分の作品に自信をもってください、断言しましょう。みなさんの作品はどれも美しいぃ!

フラワーアレンジメント

ついつい、熱く書いてしまいましたが、
ワークショップは和やかなムードの中で進みました。さいごはあったかい紅茶でまったりしましたね。

完成した作品はくらしの中に飾っていただき、春の香りを楽しんでください。
ご参加いただきありがとうございました!

さて、2月23日(土)の午前中には、スプリングブーケのワークショップを行います。
下記のような感じで、色合いもナチュラルに、そしてグッとくる雰囲気を目指して花材用意していきます。
もちろんブーケも香りいい感じですよー!

ブーケワークショップ

WORKSHOP|きもち高まるスプリングブーケをつくってみよう

ひきつづきコンパスのワークショップでは、
あの手この手で、くらしを楽しむものづくりと、あなたの時間を
デザインしていきます。

ぜひ遊びにきてくださいねー!

(おまけ)最近心が動いたことゲームでいただいた回答を一部ご紹介。

お一人目。

たまたま、いつもよりも存分にスイーツを楽まれた朝。
たまたま、仕事関係で朝食内容のヒアリングあり、あまーい朝がおおやけに。
こういうこともあるんだという心が動いたこと。

すなおにスイーツ報告をされたことによって場は和やいだのではないでしょうか。
お一人目の方はユーモアを大切にされていらっしゃるのかもと思いました。
お花もおおらかな印象でしたし。

お二人目。

夜勤明けで帰ってくるとお子さまからの湿布とメッセージが。

お怪我されたことをご家族でお話しされていたんですね。心動きますねこれは!
私なんて最近涙もろいんで確実にひと泣きしますね。

お二人目の方は「思いやること」を大切にされていらっしゃるのかもしれません。
長めに入れられたコデマリの足元で、しっかりスイトピーが脇役としてコデマリを応援してたのを
私は確認しておりましたよ。

三人目の方。

ビジュアルオンリーですね。この時点でワクワクしてきます。
最近神社に参られたようでその時にキラキラと日光が差し込んできたことに心が動いたとのこと。

光の力ってありますよね。凹んでしまうことがあっても翌朝朝日を見ていると
意外に大したことないんじゃない、と思うことがあります。

三人目の方は、何を大切にするかということを大切にされているかもしれません。
言葉よりも絵を選ばれたり。物質的なものよりも光や空気といったところにもご関心があるのでは。
完成したお花もセンターのヒヤシンスがちゃんと主役になっておりましたし。

四人目の方。

この時期の花、ヒヤシンスを購入された部屋に飾り、その香りが立ち込めることに心が動いたと。

三人目の方と似てますね。確かにヒヤシンスがポイントではあるのですが、
おそらくお花そのものよりも、香りが心を動かしているかと。

美しいということを大切にされている方だと思います。
表面的な美しさというよりも、内面とか持ち味といった部分。
花の作品にも、花の個性を生かそうとされているような工夫が見えました。

・・・・

という感じでコンパスでは「つくる」体験を通して自分らしさのヒントを見つけにいきます。

人間の苦手だった部分をロボットやAIがしてくれるようになったら、
僕たちはもっと自分・自分らしさを発揮しやすくなるんじゃないでしょうか。

そのためにはあふれる情報にふりまわされるよりも、
自分を理解してあげる時間をつくると良いと考えてます。

面白かったからこのゲーム次もやろーかな笑